オーストラリアには滞在の目的にあわせていくつかの種類のビザがありますが、ここではリタイア後の滞在に適した
退職者ビザについてご説明します。

 ※旧退職者ビザは2005年6月末日をもって新規申請の受付が終了となりました。


■新退職者ビザ(Investor Retirement Visa : Subclass405)

当初4年間滞在可能なビザが発給されます。その後申請者が最初と同じ条件を満たしていれば、
何回でも更新が可能です。申請条件は、夫婦のどちらかが55歳以上や、健康状態等の様々な
条件が求められています。
新退職者ビザ(Investor Retirement Visa)の申請条件は以下a〜gです。
特に以下<資産・収入・投資条件>を全て満たすことが重要となります。

【求められる主な条件】
 a. 夫婦のどちらかが満55歳以上であること
 b. 配偶者以外に扶養義務のある家族がいないこと
 c. 健康上問題がないこと及び公益に反する経歴がないこと
 d. 州政府・準州政府のスポンサーを取得すること
 e. 州・準州財務省に投資すること
 f. 豪州国内の民間医療保険に加入すること
 g. 移民法で規定された以下いずれかの資産・収入条件・投資条件を全て満たすこと

<資産・収入・投資条件>                        ※1豪ドル=100円で試算
(1)大都市・高人口成長都市に居住する場合 
 【資  産】 75万豪$(約7,500万円)以上
 【不労所得】 年収6.5万豪$(約650万円)以上
 【債券投資】 75万豪$(約7,500万円)以上

(2)地方・低人口成長地域に居住をする場合 
 【資  産】 50万豪$(約5,000万円)以上
 【不労所得】 年収5万豪$(約500万円)以上
 【債券投資】 50万豪$(約5,000万円)以上

※当ビザの特徴は、スポンサーとなる州及び地域に居住場所(住所)があれば、4年ごとの更新が
可能で、
自由にオーストラリアと日本を行き来できる点にあります。
※上記ビザ情報は最新の移民法、又は信頼に足ると思われる情報を元にしておりますが、正確性・
完全性を保証するものではありません。

オーストラリアに長期滞在及びリタイア移住をお考えの方は以下をご参照ください(運営:アエルワールド)

新退職者ビザや永住権情報 / 退職者ビザ査定 / 早期リタイア移住査定

なおビザ申請の際は、しばしば条件が変更されますので、必ず同国移民局又はアエルワールド
の豪州ビザ専門会社にて、申請条件を確認されることをお薦めします。



(株)ジョナス・アソシエイツ・ジャパン
〒107-0061 東京都港区北青山3丁目6−7 青山パラシオタワー11F
電話 (03)5706-4114 FAX (03)3701-0263 E-mail info@gold-coast.jp

Copyright(C) 2003 Jonas Associates Japan Inc. All rights Reserved.